B777-300ER 日本政府専用機”テストフライト” その2

我が書斎兼作業場は三階にあり、申し訳程度のウィンドウエアコンを付けてはいますが、これからの季節はかなり暑くなります。

飛騨と言えば避暑地のように思われることもありますが、盆地の地形はクソ暑くなります。たしかに熱帯夜というのは少ないですが、日中は暑いのです。

 

F-4EJから、わりといいペースで製作できてます。

さて、B777を進めていきます。

旅客機では避けては通れないおなかの塗り分け。

説明書を見るとC323ライトブルー80%+C1ホワイト20%とあります。

想像しただけで、がっつり水色ですよね・・・

マジでそんな色?

さっそく画像をググってみますが、いまいち納得できる画像がありません。グレーに見える画像が多い中、青っぽいのもいくつかあります。

まあ、進めてみます。

 

マスキングして、調色したライトブルーを塗ってやりました!

もう少し白混ぜても良かった気はしますが、なんかいいんじゃない? 実機見たことないしわかんないw

 

主翼、水平尾翼は定番のC315グレー。

各羽根の先端はC159スーパーシルバー。

説明図ではよくわかりませんが、主翼の付け根の胴体側もC315で塗り分けました。

ここまでグロス塗装なので、このままデカール貼りに進みます。

 

やっぱり日の丸はいいねえ! 引き締まります!

特徴的な赤いラインにも挑戦。

ドアのスジ彫りに合わせて貼っていきます。主翼付け根のあたりはセッターで馴染ませます。

 

貼りやすいデカールでした。

現シグナスは「自衛隊機」という扱いらしいですが、この次期シグナスは機体整備を全日空に委託するとのこと。

デカールを乾燥させてからトップコートします。

 

エンジンも進めます。

この渦巻デカール、貼る場所の形状がものすごいw こんな形に貼れるのか?

「案ずるより産むが易し」少し切れ目は入れましたが、きれいに貼れました^^

 

つづく

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

1 Like!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。