八九式中戦車甲型(ガルパン)その3

ファインモールド 1/35 八九式中戦車甲型(ガルパン)

大好きなデカール貼りですよ^^

 

まずはツヤありのトップコート。

アクリルの上からラッカーです。砂吹きからはじめて徐々に重ねます。

これでデカールのシルバリングを抑える効果と、この後のウェザリングの多少のリカバリー保険になります。

 

デカールサイズを確認し切り出します。

このデカール、大量にいろんなサイズがありますが、絶対使いきれないと思いますw

 

こういう場所は、ある程度定着してからカッターで切れ込みを入れて密着させていきます。

 

車体いっぱいのバレーボール^^

バレーボール部員の気持ちが入ってます!

 

一見、平面で貼りやすそうに見えますが、実際はヒンジ?蝶番?があって、なかなか馴染ませるのに苦労しましたよ^^;

デカールの透明部分に適宜切り込みいれたりしてます。

 

砲塔。こっち側は良かったんですが・・・

 

反対側は2枚に切り分けて貼りました。

砲塔もボルト?リベット?のモールドが結構しっかりしてて、わりと難しかったですね^^

とにかくソフター使ってゆっくりですね。

あとは白塗ってリカバリできるので気楽に気楽に^^

 

ということで・・・

 

デカール貼りが完了し仮組み。

かっこいいねぇ!!!

 

デカール保護のため再度ツヤありトップコートし、ウェザリングに備えます。

 

つづく

 

1+

コメント 画像添付できます。