1/24 セリカ 1992 ツール・ド・コルス その3

いやあ、シートベルト、めんどくさかったけど、少しやってみるとすぐに慣れるもんですね。

コツをつかんで、意外と早くできました。

 

まだ接着はせず、雰囲気つかむための仮組みです。

シートベルトの固定はロールケージつけてからの作業になりそうですが、ものすごくやりにくそう・・・

 

ボディを白く塗りました。

シャシーに乗っけてこんな感じです。うん、ふつうのセリカだね。

 

車高をいじるか悩み中・・・

ラリーの車はこんなもんか? と思いつつも、やっぱり下げたい衝動に・・・

 

まあ、そんなことを悩みながらデカール貼り開始です。

いきなりフロントの赤い部分、ゲキムズです。

ソフターでやわらかくしつつ、ゆっくり貼っていきますが数か所割れや破れが・・・

 

全体を貼り終えるとラリーカーの雰囲気むんむんです。

飛騨はまだまだ寒いので、二晩ほど乾燥させてからトップコートです。

 

ウィンドウです。こういったところこそ、曲面用マスキングテープを使えばいいんでしょうが、貧乏性のため普通のマスキングテープを使用^^;

でも意外ときれいに貼れました^^

残りはマスキングゾルを塗って、乾燥後黒塗装。

 

F-2Aも並行して進めています。

 

つづく

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です