セリカXX その3

なんかラップ塗装が納得いかないんですが、どうせシンナー風呂行くならデカールもテストしてしまおうと、そのまま突き進んでみました。

 

田舎でも入手しやすい定番水転写シール。

 

ネットで漁ってきた、できるだけ高解像度の画像を使います。

素材は、最近ハマった「この素晴らしい世界に祝福を!」でいきます。

RPG好きならかなり楽しめるギャグ作品です。ちなみに自分はアクア(青い娘ね)推しです^^

この転写シールの糊シートは結構厚みがあり、ブツブツした感じになるので今回は使いません。

で、台紙に印刷して一晩以上乾燥させ、ラッカーのクリアーを吹きます。

一応一晩ほど乾燥させます。

 

切り出します。

 

糊シートを使わないのでそのままではくっつきません。

貼りたい場所に水で溶いた木工用ボンドを塗り、印刷面を下にして位置を合わせ固定します。

位置合わせは一発勝負です。

台紙に水を付けると画像が透けてきますので、たっぷり目に湿らせてやります。

ここである程度空気抜きを意識して、真ん中から外に向けてぎゅーとしてやります。

 

ボンネットはフェンダーなどをデカールで保護します。

で、同手順で貼ってみます。

 

で~ん!

ぱっと見はいけてる感じですが、ボンネットの段差部分がぐっちゃぐちゃ><

中心にいるダクネスはばっちりですが、アクア、めぐみん、かずまが伸びたり切れたり酷い有様です・・・

こりゃオリジナル痛車は厳しいかな?

 

今回、大失敗していろいろネット情報を調べてみたら・・・

古いデカールを修復するリキッドデカールフィルムなるものの存在を知りました。

タミヤのつや出しニスというのも気になります。

この転写デカールの最大の欠点は位置決めができないこと。

ラッカークリアーは柔軟性ゼロなので、すぐにペリッと割れてしまうのもきつい。

これらがうまくつかえないだろうか?

 

まあ、次の作業は塗装剥がしかな><

 

つづく

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

2 イエーイ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です