EGシビックフェリオ その2

モチベが保てている間にどんどん進めます。

 

ウィンドウはマスキング用シールが付属しているので簡単塗り分け。

裏からセミグロスブラック(C92)で塗装し、フロントと運転席助手席の窓部分はシールを残して、スモークグレー(C101)でウィンドウフィルム再現します。

で、やるかどうか迷ってるのが、うすーいグリーンかブルーでのガラス全体の塗装。どうしようかな?

 

内装パーツも塗り分けていきます。

濃いグレーはニュートラルグレー(C13)、白っぽいのはガルグレー(C11)です。

ガルグレー部は、下地黒にしてグラデつけてやりました。

 

右テールランプの下に、小さい丸いモールドがありますが、これがリアトランクのカギ(シリンダー)ですね。

実際はボディとツライチなのでかなりオーバースケール。

ここまで残してましたが、研ぎ出しの邪魔にもなるし、最後にチョンとシルバー置いてやればいいので削ります^^

 

フロントバンパーのナンバー取付穴も埋めました。

実車は、左へオフセットして取り付けてましたのでそこも再現します。

ザっと800番のペーパーで磨いて最後のサフ吹きます。

 

あああ! 次のネタ(MR2)が写っちゃってます・・・

ちなみに、上の方が細くなってるタイプのペットボトルは使いやすいですね^^

最後のサフ後、下地の仕上げにスポンジヤスリで全体を整えます。この段階で多少プラが出てきても無視してます。

そして、ボディカラーの下地として焼鉄色(C61)を吹きました。

 

なんかマットなイイ感じだったのでシャシーにかぶせて記念撮影^^

このままでも新鮮なカーモデルが完成するかも^^

 

スムージングしたトランクもきれいに出来たと思います。

いまのところヒケやキズは見えません。

一晩乾燥させてからクリアーブルーを重ねていきたいと思います。

 

つづく

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

1 イエーイ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です