F-86F ブルーインパルス その7

もっとサクッと作れるかと思ってたんですが、すでにその7ですね^^;

 

小物類を作っていきます。

 

脚はなんかいい雰囲気になりました。

シャフト部分には一応、ミラーフィニッシャー貼ってみました。

燃料タンクや、エアブレーキも仕上げていきます。

 

さて、ブルーインパルスを作る時はいつも悩みます・・・

パネルラインのスミ入れはどうしよう・・・と

通常塗装の戦闘機でもパネルラインなんてそうそう目立つものではありません。

ピカピカのブルーインパルスなんかは特にパネルラインなんて見えませんよね?

でも、モケイ的にはパネルラインが無いとオモチャっぽくなる気がします。

通常塗装機ならウェザリング等でいくらでも誤魔化せる(おい んですが、グラデ塗装も似合いそうにないブルーインパルスはどう仕上げるのが正解なんでしょうか???

 

スミ入れ前に、デカール周辺だけ保護用にクリアーかけてます。

で、とりあえず薄め(白混ぜた)のグレーを入れてみました。

 

う~む、予定より濃かったな><

大失敗><

 

全体はこんな感じ。

ま、まあ、悪くはないかな?(汗

 

機体内部色で塗った箇所はスミ入れ兼ウェザリングで奥行き感が出ました。

ここは大成功^^

 

増槽のスミ入れも濃くなり過ぎました><

ブラウンで良かったかも。黒混ぜなきゃよかった・・・

 

あとは、全体にトップコートしてつやを整えていきます。

組み立てて完成かな?

 

つづく

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

 

 

1 Like!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。