小牧基地オープンベース2017

2017年3月5日(日)、2016年度最後のブルーインパルス展示飛行。

一言、「なんか物足りない」って感じでしたね。

背面飛行や宙返りは封印され、水平編隊飛行のみの演目となりました。

その美しい編隊飛行にはもちろん大感動でしたが・・・

基地の東側に位置する春日井市のブルーインパルス反対活動の影響のようです。

市や、市民団体がブルーインパルスはキケンだとして反対しているみたいですね。

春日井市上空の”領空侵犯”をしないために、いわゆる「春日井ターン」全開でした。

華麗な曲技飛行を観るために、6万人以上ものファンが集まりました。その一大イベントに水を差しているのです。

世の中、なにをやるにも反対派というのはいるものですが、人間、生きている以上、常に大小さまざまな危険にさらされています。なんでもかんでも反対ばかりしていては何もできませんよね。人生損すると思います。

純粋に楽しみにしているファンの方がはるかに多く、地域の経済効果もかなりのものがあると思います。

小牧基地には、これからも反対運動に負けず、周辺地域のさらなる理解を求めながらオープンベース、ブルーインパルスの展示飛行を続けていただきたいですね。

 

ということで、今回はおっさん3人でお出かけです。

朝4:00、自宅を出発し、途中ふたりのおっさんを拾い、狭苦しいV35スカイラインクーペで2時間ちょっとの旅。

臨時駐車場の駐車券は98番、結構優秀な到着順位でした。

おかげでその後、小牧駅へのシャトルバスも小牧駅からの電車もまったく混まず、非常にスムーズに基地に到着。

8:30の開門に十分間に合い、それこそ撮影ポジション争いに加わることも可能な感じでした。

 

 

まずは地上展示から。

 

陸自からもいろいろ来てました。

F-4EJは岐阜基地から。

 

このF-2は、IRAN(アイラン)入り直前だそうです。

垂直尾翼の部隊マークは消されていました。

 

プラモデルの塗装の参考になります。

 

こんなのもありました^^ YS-11!

美保基地から。

 

このC-130Hは見覚えある人も多いと思います。

自衛隊のイラク派兵時によくニュースで見ましたよね。

内部の見学ができました。

 

空中給油機、KC-767

でっかい!

 

C-130の5機編隊は大迫力です!

さらに大きなKC-767との異機種編隊もよかった。

 

編隊飛行だけだったブルーインパルス。

どの編隊も何度見てもすごい完成度です!

日ごろの訓練の成果ですね!

隊員たちも日々、事故がおきないよう厳しい訓練を積み重ねて、本番ではそのテクニックを存分に披露したいと思っているはずです。それなのに危ないからと反対するのはなんだか違うような気がします。

いつか小牧基地でもアクロバット飛行を観れる日が来ることを祈っています。

 

来年度のブルーインパルスの予定はまだ決まっていませんが、例年通りなら次は小松かな?

4年ぶりに岐阜にも来てくれないかな・・・

他の基地にも行ってみたいな。

それまでにカメラ、カメラ・・・

 

1 イエーイ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です