大理石風の塗装に挑戦。

その他プラモデル

スープラGTストリート仕様をいったん切り捨てたおかげで、なんか気分に余裕ができたので、前から興味のあった大理石風の塗装を練習してみたいと思います。

 

スープラGTストリート仕様の生贄となったノーマルスープラの残骸から、ボンネットに登場してもらいましょう^^

切り出したままでゲートもそのままテストピースとなってもらいます。

で、おもむろにGX1クールホワイト。サフも吹いてませんよ。

 

クリアーブルーとクリアーオレンジをテキトーに重ねます。

真っ白との違いを見るためにテスト的なものです。

 

ホームセンターで購入したレンジフード用フィルターです。

そのままでは目は細かすぎて塗料が通りません。(上)

程よく伸ばしてフィルターの目を大きくしていきます。(下)

結果的には、ちぎれるくらいかなり伸ばしたほうがいいです。

 

パーツにかぶせます。

今回はクリップで止めました。

 

しっかりパーツに密着させたほうが良い結果が得られるでしょう。

そして、かなり薄めにした黒をのせていきます。

 

ババーン! こんな感じになりました!

イイ感じに見えますが、「大理石 黒」でググってみると、はるかに黒の比率が多いですよね。

ここで、フィルターの伸ばし具合が影響してくるのです。

もっともっとフィルターを引き延ばして隙間だらけにしてやると黒の比率が増えます。

ここらへんの塩梅がミソのようですね^^

 

フィルターの目が細かいと左のように。

隙間が大きいと右のように。

クリアーブルーはちょっと濃すぎて違和感ありますね。

もっと薄くすればいいアクセントになるのかもしれません。

クリアーオレンジはかなり主張が弱いですが、これくらいがいいのかもしれません。

 

次回作にこの塗装を施したいと思います。

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

0

コメント 画像添付できます。