フィギュアライズバスト 初音ミク その1

初めての美少女フィギュア系・・・

今までずーっと、クルマや飛行機やロボットばっかりでしたが、ちょっと違う分野に挑戦です。

 

まずはいっきに仮組みしてみます。

 

特筆すべきはこれでしょう!

瞳・・・ 眉・・・

デカールじゃないですよ。

インジェクション成形です。複数の色のプラスチックで成形されてます。裏から見ると「いったいどうなってんだ?感」満載です。

バンダイ驚異のメカニズムです!

 

説明書に従って組み立てていきます。

再度バラして塗装するので、接合ピンを斜めに切り落としながら組み立てていきます。

合わせ目は極力見えなくなる見事なパーツ割りです。

 

後頭部から組み立てますが、謎のピンクのパーツが、顔面をはめると見事に口になりました。

顔面パーツは「歯」もしっかり白いプラで再現されています。

 

髪の毛等、どんどん組み立てます。

もちろん、合わせ目は目立たなくなっていきます。

 

とは言え、合わせ目ができてしまう個所も数ヵ所あります。

右腕の肘から下の部分。ここは合わせ目消しの処理が必要です。

接着剤を多めにつけてプニュっと接着しました。

 

スタンドもオサレです。

 

ここまでの各パーツをくっつけます。

未塗装のパチ組みとは思えない完成度!

 

ミクらしさでもあるボリュームのある髪の毛。

ここも合わせ目消しが必要になります。

 

これをつければパチ組み完成。

これ、未塗装のプラモデルですよ・・・

自分が子供のころには想像もできなかった技術です。

白一色の300円ガンダムに筆で色を塗り、合わせ目消しなんてできなかったあの頃が懐かしい。

 

ミクZ4との共演。

ミクSLSも作らなければ!

 

つづく

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

2 イエーイ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です