VW POLO R WRC 2016 完成

前回、研ぎ出し用にクリアーを吹きまして、十分乾燥したので作業再開です。

で、研ぎ出しって結構な労力なんですよね~

ツヤッツヤになると達成感がハンパなく、ものすごく気持ちいいんですが、ひたすら作業感がキツイw

最近、中研ぎというのを覚えまして(汗

本来は鏡面を出すための中間作業なんでしょうけど、これ一回やっとくと、二回目のクリアーでかなりつやが出るんですよね。吹きっぱなしで十分なくらい^^

 

というわけで、軽く中研ぎしてシャバシャバのクリアー吹いた状態。

デカールの段差は完全には取れてませんが、かかった労力のわりに十分なツヤが出てます。

いつもなら、ここから2000番のペーパー、3種のコンパウンド、といくのですが、今回はヤメますw

派手なバイナルのない単色の市販車等はしっかり研ぎ出しした方がいいと思いますが、競技車輌や痛車はこんな仕上げでもいいんじゃないかと思います。(多分その時の気分次第になると思いますが^^;)

 

塗装が一段落して組み立て作業に入ります。

と、ここで部品の紛失に気付きます><

リアバンパー下部に付けるエアロパーツ(デュフューザー?)が見当たりません><

製作開始序盤で仮組みの際に見たのは確かです。塗装もしたような気が・・・

う~んどこ行った???

とりあえず、取り付け部分を黒く塗ってごまかしました(滝汗

 

下回りはお約束のアンダーパネル設置でほとんど見えなくなります><

大事なのはチラリズムw

 

メタルインレットはリアリティが増していいですね~!

エッチングパーツの貼り付けはあいかわらず苦手です・・・

 

ついに完成です!!!

 

パーツ紛失のため、完成度は99.9%です(号泣

それにしてもWRカーは迫力あってカッコイイです!!!

ヤリスや、その他ワークスマシンも欲しいですがなかなかキット化されないですね・・・(出てるのかな?

商品化にはスポンサーの許可等、いろいろ大人の事情があるんでしょうね^^;

 

是非、ギャラリーもご覧ください。

 

野外撮影とかしたらリアルかも^^

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

1 Like!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。