ポルシェ956(キヤノンカラー) その3

白いポルシェ956誕生です。これはこれでキレイでかっこいい!

デカール貼りが楽しみです。

赤い部分は、ほとんどデカールで再現できそうですが、数ヶ所塗装が必要そうです。

デカールが回りきらない端っこの方とかは、あらかじめ赤を塗っておくほうが良いと思います。
でも正直、それがどこなのかは貼ってみるまでわかりません><
1台目を練習台にして2台目で仕上げる、なんてことができればいいのですが・・・
まあ、説明書どおりに塗っておきます。

 

ルーフの凹んだ部分と、一番テールの部分。ルーフの三角のところはデカールもありますが、この形状だと塗装の方が確実でしょうね。

近似色のシャインレッド(C79)を使用。

マスキングテープの段差がわずかに出来てしまいました。デカール貼りゃわかんなくなるかな~、なんて思ってたら貼ってもまる分かりでした。少しペーパーで均しておくべきでした。

 

いよいよデカール貼りです。

カルトグラフ製のデカール。とても貼りやすかったです。

このキット、中古での購入だったので劣化が心配でしたが、まったく問題なしでした。

 

マークセッターで十分にやわらかくなり、曲面にもきれいに馴染んでくれました。

きつい凹部にはソフター使いましたが、それでもきつい箇所は切り込みいれました。あとは塗装でリカバリします。

 

っぽくなった!

かっこいい!

次は細かい塗り分けと、デカールの乾燥を数日待ってからトップコートしていきます。

 

リアウイングはデカールを巻き付けるように貼るのですが、地味に難しかった・・・

 

さて、ミク様も進めますか^^

 

つづく

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

1 イエーイ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です