スーパードルフィンダンプ その1

なんとビックリ! 製作開始ですwww

先日の記事では、作る可能性55%としていましたが・・・

実際には、めちゃくちゃ気になって手を付ける可能性120%って感じでしたねw

 

この衝撃のキットが到着してからというもの・・・

やっぱりスーパードルフィンダンプが気になる気になるw

いったいどんなクルマなのか? グーグル先生で勉強開始。

通勤中、仕事中、すれ違うダンプカーがめちゃくちゃ気になり、わざわざ振り返ってまで確認。

ボディは、パッケージみたいな黒一色ではちょっとつまんないかなと思い、実車(とりあえず車種はどうでもいいw)で世のダンプカーのカラーリングチェックです。

気にしてみると意外とカラフルですよね^^

 

いやあ、もう、興味津々で開封ですよ。

 

しかし、これはヒドイ・・・

バリはもちろんいたるところにあります・・・

それどころか、パーティングラインも表面そのものもかなりヒドイ・・・

スジ彫りもあるのかないのかわからないような感じ・・・

表面処理で相当手間がかかりそうですが、あまり手をかけないように完成優先で進めます!

「往年のキットの復活」とのこと、もうこれはこのキットの「味」として味わうしかないですねw

 

とりあえずフレームにキャビンと荷台を載せてみました。

1/24なので、やっぱりデッカイですね!

(もし)完成したら迫力ありそう!

 

フレームやアクスルはほぼ黒みたいなので、接着できるところは接着していきます。

走ってるダンプカーを見るとフレームが赤い(朱色っぽい)のも結構見ますね。

パーツの合いも、開いた口が塞がらないくらいのひどさ・・・

接着位置はこれでいいのか?というくらい怪しい精度・・・

めげずにエンジンも進めていきます。

メッキパーツは、バリごとバッチリメッキされてます^^;

 

ホイールがいっぱい^^

シルバーにする予定なので黒くしておきます。

 

この辺のパーツはつや消し黒で塗っていきます。

パーツの合わせ目もパーティングラインもそのままです。

 

マフラーは、一応合わせ目消します。

 

一応、つづく・・・

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

4 Likes!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。