1/48 T-2 ブルーインパルス その2

ハセガワ 1/48 T-2 ブルーインパルス

某SNSで「ミリタリー(戦争の兵器)模型に対するコメントは人命の尊さに配慮しよう」という話題で荒れました。

スレ主さんの書き方が抽象的だったのもあると思いますが、

「人殺しの道具の模型を作る人は人命尊重を心において製作しろ」と極端解釈した人が多かったからでしょうか、

「カーモデルだって自動車事故で・・・」

「ガンダムだって戦争だ・・・」

「そんなこと言ったら何も作れなくなる」と、荒れたわけです。

スレ主さんは途中で消えてしまったので真意が不明のままですが、あくまで「コメントに配慮」ということだったんじゃないかと思います。

良識ある大人なら十分配慮可能な問題だと思いますし、これは模型だけに限らず生きていく中で当然のことだと思います。

 

模型は模型として楽しめばいいと思います。

模型は娯楽です。

 

シコシコ合わせ目消しながら命の尊さ・・・

カリカリスジ彫りしながら命の尊さ・・・

それは違うと思います。

 

黙々と作業して・・・

キレイに合わせ目が消えれば「よっしゃ!」

スジ彫りがソレて「あちゃぁ!」

と、模型は楽しむものです。

そして苦労して完成させた模型を愛でるのです^^

 

例えば、「B-29」なんかには特別な思いを持った方もたくさんいらっしゃると思います。

見るのさえイヤな人もいると思いますし、立場によって思いの強さは違うと思います。

ただ、模型は模型として楽しんでもバチは当たらないと思います。(ワタシは作ることはないと思いますが)

義務教育を受けた日本人であれば最低限の歴史は学んでいるはずですし、それをふまえて作るはずです。

 

前置きが長くなってしまいました。

普段、楽しんで「戦闘機」を作っている身として、いろいろ考えさせられる問題提起でしたので・・・

 

航空祭もそうですよね^^;

「爆音浴」なんて言葉も良く使われて(使い)ますが、人によっては不謹慎だと感じるんでしょうね。

今後、気にしながら記事を書いていかないといけないですね。

 

 

さて、T-2の進捗です。

 

胴体接着前に開孔箇所あり。

スモーク管用だと思いますが、え?こんな場所で合ってる?と少し不安になって、実機の写真で確認。

合ってました^^

 

士の字! 主翼はまだ接着してません。水平尾翼はポリキャップ接続です。

カッコイイっすね、T-2!!!

 

バルカン砲を埋めるパーツは2種類あり、なんとなく選んだ結果、機体は#111に決定。5番機です。

#111選択時は、バルカン下部の四角い穴も埋めように指示あり。

 

サフ吹いて確認しながら合わせ目を処理していきます。

抜きの関係でモールドが浅くなっている箇所は適宜修正していきます。

 

エアインテーク内部は先に塗装(C316)をしておきます。

マスキング後、接着して合わせ目を処理していきます。

 

つづく

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

0

コメント 画像添付できます。