1/48 T-2 ブルーインパルス その3

胴体の下処理も進み、主翼の取り付けに入ります。

 

パイロン用の穴を開け、貼り合わせた隙間などを処理し、いよいよ胴体に接着。

 

合わせ目を処理したらサフ吹いてスポンジヤスリの#1200でサッとひと撫で。

C316を吹きました。

使用するブルーは、過去の経験上、わりと隠ぺい力が強いイメージなので、完全に全体が発色するほどは吹きませんでした。

「白が残る部分」を中心に発色させてます。

 

そう、F-86Fに続き、今回も塗装で塗り分けです!

 

デカールを型紙に使えないかなと思いコピーしてみましたが、白い部分が写らないwww

カラーでもモノクロでもダメだったのであきらめました><

 

幸い、手元には過去の失敗作の1/72のT-2があるので、こいつも参考にしてマスキングして行きます。

 

まずは白を残す部分を優先的にマスキングします。

機種側下面の濃い青(C322)のラインや、主翼上面のラインも部分的に濃い青がありますが、この段階では白優先で行きます。

手順としては、まず水色(C323)ですね。

その後、水色をマスキングして濃い青(C322)を塗り、最後の調整って感じ。

はたしてうまくいくでしょうか???

 

水平尾翼もマスキングします。

下面は一部塗装、C315で塗装後マスキングして焼鉄色の指示。

 

機種のマスキングしていてなんか違和感が・・・

ノーズコーンの塗り分け位置が前すぎ???

パネルラインではなく、キレイに消してしまった合わせ目位置が塗り分け箇所なんじゃね???

うーん困った・・・

やり直そうか?

いや、そんな変わらんのじゃね?

と葛藤しながら現実逃避で他の作業へ・・・

 

キャノピーのマスキング、増槽の塗装(C59)をしてみました。

 

さてさて、ノーズコーン、どうしましょうかね・・・

 

つづく

 

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

1 Like!

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. ケンイチ より:

    初めましてこんにちは。

    いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    プラモデルを初めたばかりなので見ていてとても勉強になります。

    凄く丁寧に綺麗に作っていくのだなぁと感心しております。

    ブルーインパルス、完成楽しみにしています。

    • グルコサミン より:

      ケンイチさん、コメントありがとうございます。
      プラモデルの世界へようこそ!(笑
      丁寧だなんて、そんなことはないんですよ。
      ま、こんなもんか? の繰り返しです。
      神経質になりすぎず楽しんで作るのがモットーです^^
      何か質問とかあればお気軽にどうぞ。
      我流なので、どこまでお応えできるかわかりませんが^^;
      これからもよろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。